EMお掃除_再校
37/41

power up昼間夜間夏季冬季商品名 : pH試験紙ブックタイプ 型 式 : BPB ブロムフェノールブルー 測定範囲 : pH2.8~4.4 価 格 : ¥2,460(消費税込、送料別) 1箱に20枚綴/冊×10冊入り 〈使い方〉❶pH試験紙は、使用直前に容器から取り出します。❷米のとぎ汁EM発酵液をキャップに取り、 pH試験紙を浸します。❸直ちに引きあげ、浸した部分の色を変色表 と比較して同じ色のところの値がpHの値 になります。❶作り慣れるまではEMW60㏄、砂糖60gと、 ちょっと多めに入れましょう。❷冬場の寒い時期もEMW60㏄、砂糖60gと、 ちょっと多めに入れるのがコツです。❸とぎ汁、砂糖、EMWをよくかき混ぜること。❹作ってから2~3日は温かいところに置く こと(30~40℃がベスト)。❺密閉はしっかりすること。 ❻容器をよく洗うこと。❼一度失敗した容器は使わないこと。❽前回作った米のとぎ汁EM発酵液(上手 にできたもの)を1割程度入れることによ り菌の密度を上げることができ、より発酵 しやすくなります。 ❾出来上がりの目安としてpH試験紙などで、 pH3.5以下であることを確認しましょう。 10作ってから3~4日後、ある程度発酵が進んでから、オレンジやレモン の皮を入れると出来上がりがよい香りになります。★2週間過ぎても、イヤなニオイがする場合には、残念ながら失敗です。 EMWを少し足して排水口に流しましょう。4砂糖はEMのエサになります。砂糖を入れることで、活性化が進みます。昼間、夏期はベランダの近く。冬季は暖房機器の近く。夜は湯船に漬けるといいでしょう。36米のとぎ汁EM発酵液を作ろう!pH試験紙は、下記会社の販売店(理化学機器商社等)で購入できます。アドバンテック東洋株式会社(http://www.ADVANTEC.co.jp/)本社・営業本部 TEL 03(5981)0609

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です